【公開ツール】ドキュメントレビューのためのスクショツールを作成しました。

スポンサーリンク
公開ツール
スポンサーリンク

ツール概要

以下の機能を持つスクリーンショットツールです。

  • ショートカットキー「Alt + S」もしくは、マウスクリックのみで起動可能。
  • スクリーンショットは自動で保存。保存先は設定可能。
  • 撮影後にペイントを起動するオプション有。スムーズな編集が可能。

ちなみに元ネタはこちらの記事のコードです。これをMVVMで作り直して、機能を足しました。

利用シーン

ドキュメントレビューの際とか、画像で指摘を保存することあるじゃないですか?

  • 「Windows + Shift + S(3キー)」でスクショを起動
  • スクショ実行
  • 通知から切り取りをクリックして起動
  • フリーハンドしか書けない

本ツールなら。。。

  • クリックでも「Alt + S(2キー)」でも簡単な方法でツールを起動
  • スクショ実行
  • 自動でペイントを起動
  • フリーハンド以外の編集機能がある程度充実(ペイント)

意外とこの差がでかい気がする。

動作確認環境

  • デバイスの仕様
    • プロセッサ:Intel(R) Core(TM) i9-9900KF CPU @ 3.60GHz 3.60 GHz
    • 実装RAM:32.0 GB
    • システムの種類:64 ビット オペレーティング システム、x64 ベース プロセッサ
  • Windowsの仕様
    • エディション:Windows 10 Home
    • バージョン:21H2

ギャラリー

スクショツール起動時
かわいいアイコンをクリックすればツールが起動。
保存先とペイント起動有無の設定が可能。

ダウンロード/セットアップ

以下のリンクからインストーラをダウンロードします。

ダウンロードしたファイルを展開、「setup.exe」を実行します。

警告が表示された場合

「setup.exe」を実行すると署名をしていないので警告が出るかもしれません。

  • 「詳細情報」を押下
  • 「実行」を押下

.NETデスクトップランタイムがない場合

以下の警告が出た場合、画面に従って.NETデスクトップランタイムをインストールします。

  • 「はい」を押下する。
.Netデスクトップランタイムがないことが警告される
  • ダウンロードページが表示されるので、.NET Desktop Runtime *.*.**の「x64」を押下してダウンロードする。
.NET Desktop Runtime *.*.**の「x64」を押下してダウンロードする
  • ダウンロードしたファイルを実行(ダブルクリック)する。
ダウンロードしたファイルを実行する
  • 「インストール」を押下する。
インストールを押下する
  • .NETデスクトップランタイムのインストールが終了。
  • 再度、本ツールの「setup.exe」を実行してください。
.NETデスクトップランタイムのインストールが終了

セットアップウィザード

セットアップウィザードに従って「次へ」を押します。

次のPC起動時から、アプリが自動で起動します。

スタートメニューにも追加されているので、ここからもアプリを起動することができます。

スタートメニューにも追加されます

特記事項

不具合があったら報告していただければ修正します。

その他、ツールへのご要望などがあれば、連絡ください。なるべく対応します。

更新履歴

日付更新内容ツール最新版
2022/03/16システムのシャットダウン時にエラーが発生する不具合を確認・修正。ver.1.0.4
2022/03/14解像度の異なるデュアルモニターで、正しくスクショが撮れない不具合を確認。
プライマリモニターのみで安全に動作するように修正。
暫定処置:ver.1.1.0以降で修正予定。
ver.1.0.3
2022/03/13フルスクリーンで他のアプリケーションを利用時に、スクショ画面が表示されない不具合を確認・修正。ver.1.0.2
2022/03/12スクショ画面表示中のキー入力でスクショを中止する機能を追加。ver.1.0.1
2022/03/11新規作成。ver.1.0.0
更新履歴

コメント

タイトルとURLをコピーしました