【ドローン製作記録】XbeeWiFi(S6B)の設定からテストまで【Xbee】

スポンサーリンク
xbeewifiXbee
XbeeWiFi(S6B)
スポンサーリンク

はじめに

夏の工作のつもりだったのにいつの間にか春休みになりました。

時が流れるのが爆速すぎて困っちゃいますね。

ドローンを無線で操作するためにXbeeWiFiを購入して、XCTU(Xbeeの設定用ソフト)のダウンロードから動作確認までを行ったのでやり方を説明しておきます。

使ったもの

XbeeWiFiとPCの接続にXbee用のUSBシリアルアダプターを使いましたが、これはなくてもArduinoをシリアルアダプター代わりにすればPCと接続可能なようです。

  • XbeeWiFi(S6B)
  • Xbee用USBアダプター
  • 配線用ケーブル

XCTUのダウンロードとXbeeWiFiの接続

ここではXbeeの設定用のソフトウェアであるXCTUのダウンロードとXBeeWiFiを接続、XCTUに認識させるまでを行います。

XCTUのダウンロード

XbeeWiFiを設定するためにXCTUをこちらからダウンロードする。

次のページで「DOWNLOAD XCTU」をクリックする。

xctudl1
ダウンロードページ

次のページで使っているOSに対応したものをダウンロードする。

xctudl2
OSにあったものをダウンロードする

インストールが完了してXCTUが起動できれば準備完了です。

xctu1
XCTUの起動後

XbeeWiFiの接続

XbeeWiFiをPCと接続したら左上の虫眼鏡マークをクリックしてXbeeWiFiを検出するポートを選択して「Next」をクリックします。

わからなかったら全て選択しても大丈夫です。

sec1
ポートの選択

基本的にポート設定は初期設定のまま「Finish」をクリックして大丈夫です。

sec2
ポート設定

暫く検索した後に、XbeeWiFiが検出されたら「Add selected devices」をクリックしてください。

sec3
検索中
sec4
Xbeeの検出

次のようにXbeeWiFiが追加されていれば接続完了です。

sec5
Xbeeが追加される

XbeeWiFiの設定

XbeeWiFiの利用目的がルーターに接続してArduinoと無線でシリアル通信することなので、ほとんど設定する項目はありません。

初期設定から変えた項目は次の通りです。

  • ID(SSID):アクセスポイントのSSID(例:Buffalo-、aterm-)
  • EE(EncryptionEnable):アクセスポイントのセキュリティ(画像ではWPA2を選択しています)
  • PK(Passphrase):アクセスポイントのパスワード
  • IP(IP Protocol):TCP

これらを全て入力し終えたら設定の上にある「Write」をクリックしてXbeeWiFiの設定を上書きします。

xbeeset1
Networkの設定

正しくできていれば「Addressing」の項目が次のように埋まっているはずです。

このうち「MY(Module IP Address)」がXbeeWiFiのアドレスになります。

xbeeset2
Addressingの項目

動作確認

最後に動作確認です。二つの方法で動作確認をします。

一つ目は、コマンドプロンプトもしくはターミナルでpingを送信して返ってくることを確かめます。

pingの送信方法は次の通りです。

ping ***.***.***.***(先ほど確認したXbeeWiFiのアドレス)

二つ目はソケット通信をしてデータが受信されているかを確認します。

次にXCTUの右上のコンピューターアイコンをクリックしてXCTUのターミナルを開きます。

ter1
ターミナル画面

ターミナルの右上に「Open」というアイコンがあるのでクリックします。

ter2
Open後

これでXCTU側の準備は完了です。

後は何の言語でも構いませんが、ソケット通信で適当なデータを飛ばしてやれば良いです。

Pythonスクリプトが一番単純な気がするので載せておきます。

import socket
so = socket.socket()
so.connect(("***.***.***.***",9750)) #***にXbeeWiFiのアドレスを入れてください
so.send(b'check')

このスクリプトを実行すると次のようにXCTUのターミナルに出力されます。

ter3
ターミナルへ出力される

これで動作確認は終了です。

どちらかでも失敗していたらもう一度設定を見直してみてください。

コメント欄で質問いただければ可能な限り対応します。

最後に

XbeeWiFiが届いたのは11月だったのですが、3ヶ月ほど眠らせていました。

Arduinoとの通信確認はこの記事を書きながらほとんど終わっているので、すぐに更新できると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました