【OpenAI】最もシンプルにChatGPTをコードで触ってみた【GoogleColab】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

最近、巷を賑わせているChatGPT。現状のレベルだと、そこまで使えるものではないのかなと思っています。

それでも、技術者の端くれなので触ってみたいという好奇心が勝ったのでやってみました。

ChatGPTとは?

ChatGPTで質問したら次のような回答が数秒で返ってきました。

ChatGPTは、Transformerベースの自然言語処理の大型の言語モデルです。GPTは「Generative Pre-training Transformer」の略で、言語モデルを学習するために使用される技術です。モデルは大量のテキストデータから学習し、TransformerのEncoder-Decoderアーキテクチャを使用して、文章の生成や質問応答、文章の翻訳などのタスクを行うことができます。

ChatGPTは、言語処理タスクにおいて高い精度を発揮していることで知られており、APIとしても提供されています。これにより、開発者はChatGPTを利用し、自分のアプリケーションやサービスに組み込むことができます。また、学習済みのモデルを転移学習することで、特定のタスクに特化したモデルを作ることも可能です。

ChatGPT

最速で実行してみる

手順は以下の通り。

  1. OpenAIでアカウントを作成する
  2. APIKeyを作成する
  3. Colabで実行する

OpenAIでアカウントを作成する

OpenAIにアクセスして「API」「SIGN UP」を順にクリック。

画面に従って、メールアドレスやパスワード、電話番号を設定する。

メール認証の確認をしないと、次のようなエラーメッセージが表示される。

We ran into an issue while authenticating you.
If this issue persists, please contact us through our help center at help.openai.com.

APIKeyを作成する

手順1で作成したアカウントでOpenAIにログインしておく。

右上にある「アカウント名」「View API keys」を順にクリックする。

「Create new secret key」をクリックして、表示されたAPI keyをコピーしてどこかに記憶しておく。

Colabで実行する

GoogleColabで、ノートブックを新規作成。以下のコードをコピペ&実行する。

!pip install openai
import openai

#APIKey設定
openai.api_key = "先ほど取得したAPIKey"

#Prompt設定
prompt = "ChatGPTについて説明してください"

#回答取得
response = openai.Completion.create(
    engine="text-davinci-003",
    prompt=prompt,
    max_tokens=1024
)

#結果表示
print(response['choices'][0]['text'])

実行すると、次のような結果が表示された。凄い。

ChatGPTは、FacebookやSlackなどのチャットプラットフォームを使用して対話チャットを実現するための革新的なテクノロジーです。ChatGPTは、シンプルなインターフェースを使用して、人工無能によるチャットモードを実現します。これにより、単純なチャットからより複雑なエンターテインメントのチャットまでを実行できます。ChatGPTでは、異なるユーザーが話し合える仕組みも提供しています。例えば、ユーザーAがChatGPTを使用して会話を開始し、ユーザーBが同じくChatGPTを使用して会話を再開する、といった使い方が可能です。ChatGPTにより、AI技術は、革新的なチャットエキスパート環境を構築することを可能にします。

注意点

ChatGPT使う上での注意点などなど。

  1. 回答は必ずしも正しくない(鵜呑みダメ絶対)
  2. 処理はローカル上で完了できない(社内のチャットツール等で使うには、セキュリティ的に不向き)
  3. 回答は有料(アカウント作成時に2000円程度無料で付いている)

最後に

AIが徐々に進歩しているのを感じられたので良かった。

あとすごく簡単に試せるのが良い。

コメント

タイトルとURLをコピーしました